敏感肌の原因

敏感肌は、肌のバリア機能が崩れた状態といえますが、
その原因となるのが乾燥です。

一次バリアである皮脂が過剰に奪われ、
そのことも加わって二次バリアであるセラミドの流出や減少が起こり、
乾燥が引き起こされます。

セラミドは、細胞間脂質の40~60%を占める成分ですが、
水との親和性が高く、肌の保湿を担っています。

セラミドが減少しバリア機能が低下してしまうと、
肌が乾燥してしまうという状況に陥ります。

バリア機能の低下は、外部からの刺激や細菌から肌を十分に守ることができなくなります。
このように保護機能が弱まった状態が敏感肌なのです。

敏感肌対策にはセラミドの減少を避け、
外側からセラミドを補ってあげることも必要となります。

セラミドは既に述べたようにターンオーバーで生成されますので、
栄養の補給や生活習慣の改善などでターンオーバーを正常化させ、
セラミドが配合された美容液などでセラミドを補うことも大切です。
こちらのサイトでは効果のあるセラミド配合美容液おすすめランキングが紹介されています。
セラミド、コラーゲン、植物性オイルなどが含まれた、自分の肌に合う化粧品でケアすることが大切です。